Humanidades

“Subtitular en línea” MOOC de UVic-UCC | Traducción

Desde el grado de Grado de Grado de Traducción, interpretación y lenguas aplicadas UOC-Uvic y el Máster de Traducción especializada de la UOC recomendamos el  MOOC Subtitular en línea.

El 28 de noviembre empieza el MOOC Subtitular en línea, desarrollado desde MiriadaX, la plataforma de MOOC de referencia en el territorio ibérico y latinoamericano. El registro en el curso es gratuito. Este MOOC “Subtitular en línea”, está organizado por la Universidad de Vic – Universidad Central de Cataluña e irá a cargo de Marcos Cánovas, director del Departamento de Traducción, Interpretación y Lenguas Aplicadas Uvic – Ucc.

mooc-marcosEl curso gratuito está destinado a todos aquellos que quieran aprender a subtitular productos audiovisuales. Este MOOC es una apuesta perfecta para iniciarse en la práctica de la subtitulación y la producción de subtítulos en línea, conociendo la plataforma Amara, que será la herramienta principal de trabajo. Este curso gratuito también trata los aspectos teóricos de la subtitulación y se realizará una práctica para poder aplicar los conocimientos impartidos en el curso. Podéis conocer todos los aspectos que se tratarán y el sistema de evaluación en el blog Tradiling.

Si os queréis apuntar:

INSCRIPCIÓN GRATUITA

MOOC SUBTITULAR EN LÍNEA

3 comments

  1. ナビは最近の車にはほとんど付いています。
    もちろん、オプションですから、その分の価格は必要となります。
    それでも一度ナビに慣れてしまうと、ナビなしの車には乗れなくなってしまうのです。
    便利なものから不便なものには人間は抵抗感があるのですね。
    カーナビは知らないところに行く時には必需品です。
    昔は道路地図を持っていたのですが、現代では地図を見ることが少なくなりましたね。
    また、ナビによって渋滞情報などを取得することもできますから、ドライブにも便利なのです。
    カーナビに記録させておくと、自分で道を選択してくれます。
    目的地まで確実に到着することができますね。
    カーナビの便利な使い方として、目的地を知っている場合でも、セットすることで到着時刻を予測することができます。
    車遠隔の種類としては車を購入した時に最初からついているタイプと、後から取り付けるタイプがあります。
    後から付けるタイプは取り外しができるようになっています。
    カー用品店で購入して自分で取り付けている人も多く見かけますね。
    取り付け費用の分だけ安くなるからです。
    ナビの性能もだんだんとよくなってきました。
    高精度な情報やいろいろな付加情報が増えてきているのです。
    これからもカーナビは進化していくことでしょう。
    そして、ドライブが楽に、楽しいものになっていくのです。
    ナビの利用ターゲットをどの世代においているかも重要です。
    使用方法などを理解できない人も多いのです。
    最近のナビの傾向として、携帯電話を利用した通信機能を重視する傾向があります。
    ほとんどの人が携帯電話を持っていることが当たり前となりましたから、それも当然のことなのです。
    また、カーナビが単に地図とルート案内だけの機能では他メーカーとの差をつけにくくなっていることも事情としてはあるのでしょう。
    そこで、便利なのがポータブルカーナビです。
    ポータブル車遠隔の中には取り外すことによって、歩く時にも利用できる優れものもあります。
    もちろん、通常の使い方としては車のダッシュボードの上に固定するのです。
    性能については据え付けタイプの車遠隔と何ら変わりはありません。
    しかし、価格的には安くなっているのです。
    見た目を重視する人にとってはポータブルは選択肢に入らないからでしょうね。
    ポータブルナビの価格は10万円を切るものが多くなりました。
    それでも性能を落としているわけではないのです。
    最近発売されたゴリラの機能を見てみましょう。
    高精細ワイドVGA液晶が売り物となっています。
    最大で3年間の地図データが無料となっています。
    道路や地図、文字などのデータが高精細VGAによってなめらか曲線となります。
    非常に見やすくなるのですね。
    ポータブルナビで注意しなければならないのは、画面が大きくなると取り付けの安定性が悪くなることです。
    その構造上から仕方のない部分はあるのですが、自分で取り付ける時にはしっかりと固定することを心がけましょう。
    その他の機能については申し分ありませんね。
    カーナビ製品のゴリラについて紹介しましょう。
    パナソニックの商品です。
    ポータブルカーナビとしては一番ポピュラーですから、たいていの人は知っているでしょうね。
    2011年発売のゴリラの性能を紹介します。
    高精細ワイドVGA液晶が特徴となっています。
    ポータブルナビの欠点としては、画面が小さいために地図などの表示があまりきれいではなかったのです。
    斜めの線にギザギザが入った表示になるのですね。
    それらを解決するには高精細の液晶が必要でした。
    ゴリラにその液晶を搭載して、表示をきれいにしたのです。
    古い機種を使っていて、新しいゴリラを見たならば、そのきれいなことに感動してしまうかもしれません。
    それはちょっと大げさかもしれませんが、それほどの差があるのです。
    それから、地図データは最大で3年間の無料更新付です。
    インターネットからデータをダウンロードできますから、簡単ですよね。
    これまでのゴリラになかった機能としては、細街路音声案内です。
    目的地の付近までのルート案内や音声案内を実現しているのです。
    それから、測位機能です。
    GPSからの受信によって時刻を取得します。
    位置データは前回の受信データを利用しますから、短時間で車の位置を特定できるのです。
    他の機種では車庫から出す時にいつまでも正確な位置を表示できないカーナビがありますよね。
    車遠隔もどんどん進化しているのです。
    ゴリラは歩行用にも使えます。
    GPSが受信できないところでも、地図データを内蔵した「おでかけウォーク」機能があるのです。
    ポータブル車遠隔で知られているユピテルの製品を紹介しましょう。
    謳い文句は連携・拡張型高機能ナビです。
    これは別売りオプションユニットを取り付けることで、カーナビの機能を拡張できる機能です。
    つまり、必要な機能はオプションとしたことで本体価格を抑えることができたのですね。
    もちろん、本体機能だけでも車遠隔としては十分でしょう。
    まずは見やすい地図で簡単操作が売り物です。
    ドライブ用の地図と同じイメージで画面に表示されます。
    必要な情報が細かく出てくるのです。
    知らない土地へドライブに出かける時には重宝しそうですね。
    観光案内なども充実しています。
    全国の主要都市では渋滞ぬけみちマップも内蔵されています。
    それから、便利なのが「でっか字」ですね。
    非常に大きな文字表示ですから、運転中でも確認が簡単なのです。
    それから、地図のスケールは10mまで拡大できます。
    残念ながら、10mは東京、大阪、名古屋のエリアに限定されています。
    ルート案内では、目的地までの情報がしっかりと表示されます。
    タッチパネル式になっていますから、操作は簡単ですね。
    ルート案内の表示の仕方は各社工夫を凝らしている部分です。
    わかりやすさを追求しているのですね。
    目的地の選択には検索機能が必要です。
    フリーワードで検索したり、施設やジャンルでも検索が可能です。
    電話番号は730万件のデータが収録されていますね。
    それから、検索した施設の情報も詳しく表示されます。
    店舗ならば営業情報や人気メニューまで出てくるのです。

  2. カーナビは最近の車にはほとんど付いています。
    もちろん、オプションですから、その分の価格は必要となります。
    それでも一度カーナビに慣れてしまうと、ナビなしの車には乗れなくなってしまうのです。
    便利なものから不便なものには人間は抵抗感があるのですね。
    車遠隔は知らないところに行く時には必需品です。
    昔は道路地図を持っていたのですが、現代では地図を見ることが少なくなりましたね。
    また、ナビによって渋滞情報などを取得することもできますから、ドライブにも便利なのです。
    カーナビに記録させておくと、自分で道を選択してくれます。
    目的地まで確実に到着することができますね。
    カーナビの便利な使い方として、目的地を知っている場合でも、セットすることで到着時刻を予測することができます。
    ナビの種類としては車を購入した時に最初からついているタイプと、後から取り付けるタイプがあります。
    後から付けるタイプは取り外しができるようになっています。
    カー用品店で購入して自分で取り付けている人も多く見かけますね。
    取り付け費用の分だけ安くなるからです。
    車遠隔の性能もだんだんとよくなってきました。
    高精度な情報やいろいろな付加情報が増えてきているのです。
    これからもナビは進化していくことでしょう。
    そして、ドライブが楽に、楽しいものになっていくのです。
    カーナビの利用ターゲットをどの世代においているかも重要です。
    使用方法などを理解できない人も多いのです。
    最近のカーナビの傾向として、携帯電話を利用した通信機能を重視する傾向があります。
    ほとんどの人が携帯電話を持っていることが当たり前となりましたから、それも当然のことなのです。
    また、ナビが単に地図とルート案内だけの機能では他メーカーとの差をつけにくくなっていることも事情としてはあるのでしょう。
    そこで、便利なのがポータブルカーナビです。
    ポータブルナビの中には取り外すことによって、歩く時にも利用できる優れものもあります。
    もちろん、通常の使い方としては車のダッシュボードの上に固定するのです。
    性能については据え付けタイプのカーナビと何ら変わりはありません。
    しかし、価格的には安くなっているのです。
    見た目を重視する人にとってはポータブルは選択肢に入らないからでしょうね。
    ポータブルカーナビの価格は10万円を切るものが多くなりました。
    それでも性能を落としているわけではないのです。
    最近発売されたゴリラの機能を見てみましょう。
    高精細ワイドVGA液晶が売り物となっています。
    最大で3年間の地図データが無料となっています。
    道路や地図、文字などのデータが高精細VGAによってなめらか曲線となります。
    非常に見やすくなるのですね。
    ポータブル車遠隔で注意しなければならないのは、画面が大きくなると取り付けの安定性が悪くなることです。
    その構造上から仕方のない部分はあるのですが、自分で取り付ける時にはしっかりと固定することを心がけましょう。
    その他の機能については申し分ありませんね。
    ナビ製品のゴリラについて紹介しましょう。
    パナソニックの商品です。
    ポータブルナビとしては一番ポピュラーですから、たいていの人は知っているでしょうね。
    2011年発売のゴリラの性能を紹介します。
    高精細ワイドVGA液晶が特徴となっています。
    ポータブルカーナビの欠点としては、画面が小さいために地図などの表示があまりきれいではなかったのです。
    斜めの線にギザギザが入った表示になるのですね。
    それらを解決するには高精細の液晶が必要でした。
    ゴリラにその液晶を搭載して、表示をきれいにしたのです。
    古い機種を使っていて、新しいゴリラを見たならば、そのきれいなことに感動してしまうかもしれません。
    それはちょっと大げさかもしれませんが、それほどの差があるのです。
    それから、地図データは最大で3年間の無料更新付です。
    インターネットからデータをダウンロードできますから、簡単ですよね。
    これまでのゴリラになかった機能としては、細街路音声案内です。
    目的地の付近までのルート案内や音声案内を実現しているのです。
    それから、測位機能です。
    GPSからの受信によって時刻を取得します。
    位置データは前回の受信データを利用しますから、短時間で車の位置を特定できるのです。
    他の機種では車庫から出す時にいつまでも正確な位置を表示できない車遠隔がありますよね。
    車遠隔もどんどん進化しているのです。
    ゴリラは歩行用にも使えます。
    GPSが受信できないところでも、地図データを内蔵した「おでかけウォーク」機能があるのです。
    ポータブルカーナビで知られているユピテルの製品を紹介しましょう。
    謳い文句は連携・拡張型高機能ナビです。
    これは別売りオプションユニットを取り付けることで、車遠隔の機能を拡張できる機能です。
    つまり、必要な機能はオプションとしたことで本体価格を抑えることができたのですね。
    もちろん、本体機能だけでもナビとしては十分でしょう。
    まずは見やすい地図で簡単操作が売り物です。
    ドライブ用の地図と同じイメージで画面に表示されます。
    必要な情報が細かく出てくるのです。
    知らない土地へドライブに出かける時には重宝しそうですね。
    観光案内なども充実しています。
    全国の主要都市では渋滞ぬけみちマップも内蔵されています。
    それから、便利なのが「でっか字」ですね。
    非常に大きな文字表示ですから、運転中でも確認が簡単なのです。
    それから、地図のスケールは10mまで拡大できます。
    残念ながら、10mは東京、大阪、名古屋のエリアに限定されています。
    ルート案内では、目的地までの情報がしっかりと表示されます。
    タッチパネル式になっていますから、操作は簡単ですね。
    ルート案内の表示の仕方は各社工夫を凝らしている部分です。
    わかりやすさを追求しているのですね。
    目的地の選択には検索機能が必要です。
    フリーワードで検索したり、施設やジャンルでも検索が可能です。
    電話番号は730万件のデータが収録されていますね。
    それから、検索した施設の情報も詳しく表示されます。
    店舗ならば営業情報や人気メニューまで出てくるのです。

  3. 車遠隔は最近の車にはほとんど付いています。
    もちろん、オプションですから、その分の価格は必要となります。
    それでも一度カーナビに慣れてしまうと、ナビなしの車には乗れなくなってしまうのです。
    便利なものから不便なものには人間は抵抗感があるのですね。
    車遠隔は知らないところに行く時には必需品です。
    昔は道路地図を持っていたのですが、現代では地図を見ることが少なくなりましたね。
    また、ナビによって渋滞情報などを取得することもできますから、ドライブにも便利なのです。
    ナビに記録させておくと、自分で道を選択してくれます。
    目的地まで確実に到着することができますね。
    カーナビの便利な使い方として、目的地を知っている場合でも、セットすることで到着時刻を予測することができます。
    カーナビの種類としては車を購入した時に最初からついているタイプと、後から取り付けるタイプがあります。
    後から付けるタイプは取り外しができるようになっています。
    カー用品店で購入して自分で取り付けている人も多く見かけますね。
    取り付け費用の分だけ安くなるからです。
    ナビの性能もだんだんとよくなってきました。
    高精度な情報やいろいろな付加情報が増えてきているのです。
    これからもカーナビは進化していくことでしょう。
    そして、ドライブが楽に、楽しいものになっていくのです。
    ナビの利用ターゲットをどの世代においているかも重要です。
    使用方法などを理解できない人も多いのです。
    最近のナビの傾向として、携帯電話を利用した通信機能を重視する傾向があります。
    ほとんどの人が携帯電話を持っていることが当たり前となりましたから、それも当然のことなのです。
    また、カーナビが単に地図とルート案内だけの機能では他メーカーとの差をつけにくくなっていることも事情としてはあるのでしょう。
    そこで、便利なのがポータブルカーナビです。
    ポータブル車遠隔の中には取り外すことによって、歩く時にも利用できる優れものもあります。
    もちろん、通常の使い方としては車のダッシュボードの上に固定するのです。
    性能については据え付けタイプのナビと何ら変わりはありません。
    しかし、価格的には安くなっているのです。
    見た目を重視する人にとってはポータブルは選択肢に入らないからでしょうね。
    ポータブルカーナビの価格は10万円を切るものが多くなりました。
    それでも性能を落としているわけではないのです。
    最近発売されたゴリラの機能を見てみましょう。
    高精細ワイドVGA液晶が売り物となっています。
    最大で3年間の地図データが無料となっています。
    道路や地図、文字などのデータが高精細VGAによってなめらか曲線となります。
    非常に見やすくなるのですね。
    ポータブルナビで注意しなければならないのは、画面が大きくなると取り付けの安定性が悪くなることです。
    その構造上から仕方のない部分はあるのですが、自分で取り付ける時にはしっかりと固定することを心がけましょう。
    その他の機能については申し分ありませんね。
    ナビ製品のゴリラについて紹介しましょう。
    パナソニックの商品です。
    ポータブル車遠隔としては一番ポピュラーですから、たいていの人は知っているでしょうね。
    2011年発売のゴリラの性能を紹介します。
    高精細ワイドVGA液晶が特徴となっています。
    ポータブルカーナビの欠点としては、画面が小さいために地図などの表示があまりきれいではなかったのです。
    斜めの線にギザギザが入った表示になるのですね。
    それらを解決するには高精細の液晶が必要でした。
    ゴリラにその液晶を搭載して、表示をきれいにしたのです。
    古い機種を使っていて、新しいゴリラを見たならば、そのきれいなことに感動してしまうかもしれません。
    それはちょっと大げさかもしれませんが、それほどの差があるのです。
    それから、地図データは最大で3年間の無料更新付です。
    インターネットからデータをダウンロードできますから、簡単ですよね。
    これまでのゴリラになかった機能としては、細街路音声案内です。
    目的地の付近までのルート案内や音声案内を実現しているのです。
    それから、測位機能です。
    GPSからの受信によって時刻を取得します。
    位置データは前回の受信データを利用しますから、短時間で車の位置を特定できるのです。
    他の機種では車庫から出す時にいつまでも正確な位置を表示できない車遠隔がありますよね。
    車遠隔もどんどん進化しているのです。
    ゴリラは歩行用にも使えます。
    GPSが受信できないところでも、地図データを内蔵した「おでかけウォーク」機能があるのです。
    ポータブルナビで知られているユピテルの製品を紹介しましょう。
    謳い文句は連携・拡張型高機能ナビです。
    これは別売りオプションユニットを取り付けることで、カーナビの機能を拡張できる機能です。
    つまり、必要な機能はオプションとしたことで本体価格を抑えることができたのですね。
    もちろん、本体機能だけでもナビとしては十分でしょう。
    まずは見やすい地図で簡単操作が売り物です。
    ドライブ用の地図と同じイメージで画面に表示されます。
    必要な情報が細かく出てくるのです。
    知らない土地へドライブに出かける時には重宝しそうですね。
    観光案内なども充実しています。
    全国の主要都市では渋滞ぬけみちマップも内蔵されています。
    それから、便利なのが「でっか字」ですね。
    非常に大きな文字表示ですから、運転中でも確認が簡単なのです。
    それから、地図のスケールは10mまで拡大できます。
    残念ながら、10mは東京、大阪、名古屋のエリアに限定されています。
    ルート案内では、目的地までの情報がしっかりと表示されます。
    タッチパネル式になっていますから、操作は簡単ですね。
    ルート案内の表示の仕方は各社工夫を凝らしている部分です。
    わかりやすさを追求しているのですね。
    目的地の選択には検索機能が必要です。
    フリーワードで検索したり、施設やジャンルでも検索が可能です。
    電話番号は730万件のデータが収録されていますね。
    それから、検索した施設の情報も詳しく表示されます。
    店舗ならば営業情報や人気メニューまで出てくるのです。

Leave a Reply

L'adreça electrònica no es publicarà.